新鮮サツマイモ

少しずつではありますが、サツマイモの出荷がはじまりました。
我が農園では、スイカ、里芋、さつまいもの3品種を今同時に出荷していますので忙しい毎日が続いています。消費者の皆さんは特に里芋、サツマイモといえばお店に並んでいる姿を思い出すでしょう、でもあの姿にするには、多くの手間と時間がかかります。
今回はサツマイモについて少し書いてみます。
サツマイモを思い出してみると皆さんはつるつるとしたピンクぽい色の芋を思い出しませんか、畑で掘りたての芋は実はあのような姿ではありません、特に今の時期に掘る芋は小さい毛が無数についています。
Photo 写真の芋は畑から掘ってきてそれをきれいに洗ったものです、お店ではこんなに毛はついてないですよね。
この毛は特に早掘りの芋に見られます、これから市場に出すために、1個1個手できれいに毛を取っていきます、乱暴に扱うとすぐに傷がつきますので慎重に丁寧に作業を行なうのです。そのあと重量選別を行い、箱詰めをします。
もっと簡単で効率的なやり方もないわけではありませんが、とりあえず新サツマイモに託す気持ちを大事にしたいのです。
味の方は以前にも書きましたが、新芋が抜群においしいとは限りません、でも新鮮さがあるので、道の駅などでは多くのお客様が買っていかれます。
1本の小さなサツマイモにも私たちの気持ちが込められています。(o^-^o)