消費者交流

11月2日.3日、鹿児島市内において、消費者の皆さんと直にお話をし、農産物を販売する機会がありました。吉川農園では生芋の販売と同時にその生芋から作った加工食品である、冷凍焼き芋とほし芋を出品したのですが、その中で感じたことがあります。

皆さんはほし芋といったらどんなイメージを持っていますか?..私は、年輩の方の懐かしい味というイメージがありました、では小学生からのイメージはどうでしょう。

会場で実際食べさせると、ほし芋を全く知らないために初めて食べるお菓子のように興味津々です。そして美味しい美味しいと言うのです。

ほし芋に対する先入観がないために、子供達には新しいお菓子と思われたようです、ほし芋イコール懐かしいは私達の世代までかもしれませんね。

作る側が商品にたいして先入観を持ちすぎると、消費対象者までも決めているような、気がしてなりません。

今回は、そんなことを考えさせられた貴重な時間となりました。IMG_20131102_094444


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です