〈壺焼き〉冷凍焼きいも「わたしのお芋さま」販売再開のお知らせ


冷凍焼きいも「わたしのお芋さま」販売再開いたしました

お客様には大変長らくお待たせして申し訳ございません。
10月19日(金)より、「わたしのお芋さま」の販売を再開いたします。
今年度販売分より「壺焼き」製法にリニューアルし、よりさつまいもの甘さ・おいしさにこだわり抜いた仕上がりとなっております。

なお、製法の切り替えに伴い、初回の販売は先着順50個・おひとり様一点限りの数量限定とさせていただき、
また当面の間、着日・時間指定をいたしかねますので、どうかご了承のほどお願い申し上げます。
またまとまった数が焼きあがり次第、当ネットショップに入荷・お知らせしてまいります。


■さらなるおいしさ・甘さ、そしてさらなる安全・安心・信頼をもとめて――
10月出荷分(新芋)より、冷凍焼き芋「わたしのお芋さま」の製法が新しくなります

平素より弊社製品をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。
冷凍焼き芋「わたしのお芋さま」は、2010年の発売当初から翌年のネット販売開始を経て今日に至るまで、弊社の看板商品として幅広い世代のお客さまよりご好評をいただいております。特に2015年にはテレビ、ラジオ等さまざまなメディアでも紹介され、以来日本全国からますます多くのご注文を頂戴しております。
8月末からは先年度分が在庫切れとなったため販売を一時的に休止しており、出荷再開についてのお問い合わせ等を頂いておりました。長らくお待たせして申し訳ございませんでしたが、10月より今年度の「新芋」を使用し、新しい製法および生産体制による「わたしのお芋さま」を皆さまのもとへお届けできる運びとなりました。

よりおいしく、さらにこだわりぬいた「わたしのお芋さま」を皆さまにお届けするために考え、試行錯誤を繰り返したどり着いた答えとは、【自社生産】と【壺焼き】でした。

〈すべて自社圃場で栽培した「べにはるか」のみを用い、厳しく選別し、甘い焼き芋を作るのに欠かせない熟成を手掘りの洞窟内で行う〉これが「わたしのお芋さま」の出発からの原点であり、味と品質がぶれないための秘訣でもあります。
自社栽培・熟成のこだわりに加え、新たに【加熱、冷凍、包装、出荷に至るまで、一貫して自社施設内で行う】こと。
そしてこれまでの外部工場委託による遠赤外線の機械による加熱から、自社施設に焼き芋専用の【壺】を導入し【壺焼き】に切り替え、一つ一つ手作業でていねいに焼き上げ、包装し、お客さまのもとへと責任をもってお届けすること。
この二つが、ひと味もふた味も違う新しい「わたしのお芋さま」の特長となります。

弊社では折から加工施設の新規整備を行い、今回の出荷分より加工や包装の過程についても専任スタッフおよび農園主自ら作業を行い、品質管理および安全性について常時細心の注意を払い、検査を徹底し、より万全の体制を取ってまいります。また、食味や加工法に関してもさらなる改善を図ってまいります。
どうぞ今後とも「わたしのお芋さま」をはじめ弊社製品を末永くご愛顧くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

㈱吉川農園 社長 吉川和敏


冷凍焼芋【わたしのお芋さま】完売のお知らせ

8月も中旬を過ぎ少し過ごしやすくなってきました。皆様どのようにお過ごしでしょうか。さてご好評をいただいております、冷凍焼芋【わたしのお芋さま】が完売になりましたのでお知らせをさせていただきます。
年間を通してなるべく商品の確保に努力してまいりましたが、完売につき本日をもちまして昨年の原料での焼芋が終了いたしました。
皆様方には年間を通してご愛顧をいただきありがとうございます。
本年産の紅はるかは既に収穫作業が順調に始まっており現在貯蔵庫で熟成中です。
今期の焼き芋の製造は9月下旬を予定しております。
また焼き方も変えて大きな壺でじっくりと低温焼きを行う予定です。
通常の焼き芋の温度より低温にすることで芋の甘さがさらに引き出されたプレミアム焼き芋を販売予定です。
販売開始には皆様にメールにてご案内をさせていただきますのでお楽しみに。


新しい挑戦

久しぶりの投稿です。冬野菜(白菜、にんじん、ゴボウ)の収穫も終わり春作の準備で大忙しの毎日です。また(わたしのお芋さま)も好評でありがたく思う毎日です。ところで前からずっと考えていたのですが機会があればもっともっとこだわりにこだわった焼きいもができないものか?。そんなわけで焼く工程をわが社独自のやり方で製品にすることにしました。その内容とは特注の大壺でじっくり焼き上げるものです。販売時期は今シーズンの収穫された芋からの予定です、テスト作業を行いながら私が最も納得した商品を販売出来るよう頑張って参ります。おたのしみに


さつまいもの出荷がはじまりました。

こんにちは、サツマイモの収穫作業もも8月1日から始まりやっと折り返しを過ぎました。60日以上自家製貯蔵庫で熟成させたベニハルカは10月1より出荷を開始したところです。各地の焼き芋屋さんから注文をいただいておりましたので本当にありがたい話です。最近お電話でお問い合わせがありました。
弊社の芋ではないのですが関東のお客様からネットで買ったベニハルカが甘くなくいくら焼いてもおいしくないとの事、わたしもベニハルカを作ってしばらくたちますが
実はこのような問い合わせが近年数件ございます。
果肉が白っぽくいくら焼いても甘さがあまり甘くならないこのような芋が市場に出回っているようです、外見では見分けがつきにくいので困った問題です。
原因ははっきりわかりません(公的研究機関でもはっきりしないそうです)
はっきり言えるのは数年前はなかったことで最近急に増えています。
これは(私的見解)、芋種の更新を行わず同じ芋から種を連続して作付けしたことで
品質が低下したのではないかと思われます。
生産者の中にはこのような事態になることを知らない方もおられ、おいしい芋とおいしくない芋が混ざり評価が2分されます。
当社では種イモの更新はもちろん厳正に行いますが、同じ紅はるかでも品質向上の為の研究がなされており、改良されたベニハルカの芋を供給することでさらに美味しくて、安心安全にお召し上がりいただけるよう努力しています。
紅はるかは土質や肥料加減、排水管理、貯蔵管理等で品質が変わってきますので今後もさらに勉強し皆様のご期待に沿えるよう頑張りますで、よろしくお願い申し上げます。

 

 


ひさしぶりの投稿です。

本当に久しぶりの投稿です(笑)
皆さん本年もよろしくお願いいたします。
昨年の夏以降ブログの更新をせず、なにかと忙しい日々が続いております。昨年の9月に襲来した台風16号により事務所の中が水浸しになり、パソコン関係がすべてダメになりました。家のガラスが割れたり妻の車のは重量役60kgの犬小屋がフロントの上に飛んできて破損、畑は言うまでもなく大きな被害を受けました。
人参や白菜の種の蒔き直しなどで農作業の計画が大きく狂い、パソコンをゆっくり見る時間がなくあれよあれよという間に年を越してしまいました。
現在やっと収穫の時期になり白菜、ニンジン、ゴボウ、さつまいも、ピーマンを交互に出荷しております。
HPにて農作業情報や農産物のいろんな情報を発信したいと思っているのですがなかなかできず最近気だけが焦っております。
出荷の大きな山場もあと1ヶ月ほどで終わりますのでそのあとはこまめにブログを書きたいと思います。

 

 

 


お詫び

今回の台風16号の中心付近が当地行きを通過したため、大きな被害をもたらしました。現在(9/22)6時においても、停電が続いており、業務に支障をきたしております。電話やネットショップをご利用のお客様にはたいへんご迷惑をおかけしますが。今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。


土壌診断

久しぶりの投稿です。
4月にいよいよ弊農園も法人化し、株式会社吉川農園として業務を開始しました。
情報発信はとても重要ですのでマメにしたいのですが会社の設立で何かと忙しい日々が
続きPCの前でゆっくりする時間がなくご無沙汰でした。
HPのリニューアルもしなければならないのですが、今しばらくのお時間をください。
さて当社では今年度より新しい作物に挑戦いたします。
その作物は施設でのピーマン作りなのですが、そのピーマンの種まきの前にすることがあります。その作業とは土壌診断です。
土壌診断とは畑の土いろんな肥料成分(チッソ、リン酸、カリなど)やPH,ECなどを測定し、その結果を基に次の作物に適した肥料や資材を決めていきます
土壌診断は特別な機械や、技術が必要なためJA関連の専門機関に依頼します。
まず、畑からきめられた方法で土を採取します。

畑ごとに採取した土は分析機関で分析され約1か月後に結果が手元に届きます。

上の画像のように、理想の成分と現状が比較されます。
この結果を基に肥料設計をおこないます。
この作業は作物がすくすくと育つ環境にするためにとても必要な作業です。


【わたしのお芋さま】お勧めの食べ方

わたしのお芋さまをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
毎月売り切れの状態で皆様には大変ご迷惑をおかけし申訳ございません。
商品の在庫がある程度確保できましたので4月15日午前0時にネットショップを再開します。
さてこれから段々と暑くなる季節になってまいります、焼芋=あったかいというイメージですが私のおすすめは半解凍(シャーベット状)で食べるのがおすすめです。 さつまいもの無添加アイスクリームといった感じで意外と予想より美味しいかも。
バーベキュー後のデザートとして凍った芋をカットして網で約1分ほど(厚さにもよりますが)焼くと美味しくいただけます。
わたしのような酒飲みでもついつい手が出てしまうほどです。(笑)紅はるか【芋は畑ではこんな感じです。】

 

 

 

 

 


3月15日にネットショップ再開いたします。

多くの皆様に焼き芋のお問い合わせをいただき誠にありがとうございます。
また品薄状態が続き大変ご迷惑をおかけし申訳ございません。
今回も前回同様300個に限り販売をおこないます。洞窟に芋がある限り焼き芋にして来月以降もまだま販売いたしますのでよろしくお願い申し上げます。
わたしのお芋さま

 

 

 


2月15日午前0時にネットショップを再開いたします。

多くの皆様に冷凍焼き芋のご注文を頂きまして心よりお礼申し上げます。
商品は毎週焼いているのですが、まだまだご期待にそえず大変ご迷惑をおかけしております。今の吉川農園のこだわりを意識するとどうしても、数量に限界があり毎月300~400ペースが限界です。貯蔵庫には洞窟でいまじっくりと寝かした芋はまだまだ沢山あります。
以前にもブログで紹介しましたが、ベニはるかは1年を通して焼いたときの触感や甘さ、水分が
毎回微妙に変化します。
ですから、食べた時期により好みに合わない場合も時としてあります。
容赦ない知り合いはズバズバとそこを指摘してくれますので、お客様からのご指摘がもしあれば、それはまったくもって正しいのです。
ちなみに販売してからのクレームが一番多いのが発送が遅いと言うことです。
『ガッチリマンデーさん』での紹介前は、それまで知る人ぞ知る感じで正直リピーターの皆様や口コミで売れればいいやみたいに思っていました。(この辺は商売っ気がないと周りにいわれます)、ところが放送後環境は一転連日の問い合わせと対応に追われるという、農家にしてみれば夢のような話です。ですから注文予約は受けたものの発送が間に合わない事態に陥り
厳しいご指摘をいただきました。
2番目に今まで1件ほど問い合わせ(クレーム?)がありました。それはご購入されたお客様から、小さい子供が食べるのですけど皮の黒い部分を食べるとザラザラするという内容です。
天日干しきれいに洗ってもこの黒い物体は取れません。
この正体はヤラピンといいサツマイモの種類により含有量が違うみたいで『ベニはるかは』この成分が特に多いような気がします。切り口からは乳のように白い液体が流れ出し時間とともに黒く変色します。このヤラピンが素手に付くと普通の洗剤ではなかなか落ちません。このヤラピンにゴミや小さな誇りが付き、ザラザラとした食感になったと考えられます。
洗浄などでも気を付けていますが100%除去は現在難しく、もしご購入の商品にそのような部位が散見されましたらそこの皮は除去してご賞味くだされば何ら問題はございません。
なおこのヤラピンの効能には整腸機能があるそうでまったく悪者でもないのでご安心ください。
完成度の高い皆様に再度買っていただけるような商品を作って参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。
吉川農園
農園主  吉川和敏