堆肥散布作業

作物をつくるうえで、土づくりは欠かせませんね。土づくり方法もいろんな方法があります、数え切れないぐらいの多くの方法があるのですが、そんな中いちばん多くやられている方法が有機物質の投入かもしれません。
その有機物質とは家畜の糞が一番多いでしょう、家畜の糞にもいろんな種類があります。
牛糞、豚糞、鶏糞などです、この3つの糞はそれぞれ特長があり、作物によって使い分けをすることがあります。さつまいもやスイカはあまり窒素を必要としませんので牛糞を投入します、また白菜やキャベツは葉を大きく成長させなければいけませんので窒素の多い豚糞や鶏糞を使うこともあります。
堆肥ちなみに上の堆肥は牛糞100%の堆肥でスイカに使います。
下の写真は生姜の畑に散布しますので豚糞70%牛糞30%のブレンドした堆肥を使います。
堆肥ー2畑の地力や去年の作物の出来を参考に投入量を決めていきます。