こがね虫は金持ちだ~♪

この歌は、いかにも楽しそうな歌ですが、さつまいも農家にとってはこのコガネムシはとても厄介な害虫です。
今週から、さつまいもの畝立て作業を行なっていますので、その作業にともないさつまいもの害虫とそれに対処する農薬を、紹介します。  第一弾はコガネムシの被害とそれを防除する農薬の説明をしたいと思います。 コガネムシの幼虫はこのような姿をしています。

この幼虫は7月から9月にかけてさつまいもを食い荒らし大きな被害を及ぼします。

こうなってしまうと、いくら美味しいさつまいもでも商品価値がなくなります。
家庭菜園であれば、被害部分を切り落とし使えないこともありませんが、市場に出荷することは出来ません。(泣)
防除方法はいろんな農薬がありますが吉川農園ではダイアジノンSLゾルという農薬を畝立て前に畑に全面散布し耕運作業をおこないます。
この農薬の特長は以下のようになります(農薬メーカーカタログ引用)
【普通物、A類相当の画期的なダイアジノン製品です。
ダイアジノンSLゾルは、有効成分ダイアジノンがマイクロカプセルに包まれています。薬剤に直接触れることがなく、しかも、ほ乳動物や魚類では口から取り 込まれた本剤のほとんどが体外にそのまま排出される独特の特性を持った製剤です。経口毒性と経皮毒性、さらに魚毒性が大幅に軽減されました。散布作業の安 全性や周囲の環境に配慮したうれしい薬剤です。
※普通物とは毒劇物に該当しないものを指していう通称】

黄色いタンクに水に薄めたマイクロカプセルが入っていて、ノズルで散布します。散布後すぐにロータリーで耕運します。この農薬は効果がかなりあります。
もちろん濃度や使用方法は基準をしっかり守りながら作業を行ないます。
他にも、いろんな農薬がありますがコストがかなりかかるものもあり、さつまいもの販売価格に簡単に転嫁できない今の現状では、コストと安全性を考慮しながら選択していきます。

 

 

 

 


さつまいも種芋床作り作業

鹿児島は天気が悪く、畑作業がなかなかできず農作業が思うように進んでいません、工業製品や食産業と違い天候によって仕事が左右されますので、机上論で言うほど思うようにはいきません。
ある一部の政治家などが農業を他の産業と同じような感覚で発言することがありますが、現実を全くわかっていないのでしょうね、残念ですね。
ぼやきはこのくらいにして本日の作業内容を書きます。
私が今作っているさつまいも〈べにはるか〉ですが、最近多くの皆さんに認知されてきたようで、いろんな場面で名前を聞くことがあります。わたしのところにも問い合わせがきたりしています。
さつまいもの作付け計画はかなり前に終わっていますので、その計画に沿って苗の準備などをしていたのですが、昨日ある知り合いから畑が空くので作らないかとの相談を受けました。
今まできれいにしてきた畑を荒らすわけにはいきませんので、気持ちよく畑を借りることにしました。
そこで早速畑が増えた分のさつまいもの苗を確保しなければいけませんので、急きょ苗作りの作業の開始です。

普通ならこの作業は2月中旬で終わっていますので、今の時期はあまりしない作業です。
きれいに並べた種芋を土の中に埋めていきますが、今日は600kgの芋を床に伏せましたので、なかなか根気のいる作業です。
約2ヵ月後にはこんな風になります。

この苗は1月中旬に植えたバイオ苗です。あと10日ぐらいで苗を採ることができますが、まだ畑は天気が悪かったため、さつまいもの畝を立てていませんので、今からその準備で大忙しです。

 

 


春白菜

天気もやっと良くなり畑の作業ができるようになりました、農作業がかなり遅れていますのでこの晴れ間は大忙しです。
今日は5月中旬に出荷予定の春白菜の定植を行ないました。
秋冬白菜は露地にそのまま定植しますが今の時期の白菜は地温が低いので高畝を立てそれにマルチをして植え付けをします。
高畝にすることにより太陽の光が当たる面積を大きくし、地温を確保します。

定植は写真のように機械で植えていきますので、誰でもできます。

 


山羊の誕生

雑草対策で近くの調整池で飼っている山羊がついに赤ちゃんを産みました。(バンザイ)
以前このブログで繁殖活動の記事を書きましたが、そのときの活動が実を結びました。小山羊は、昨日の朝方に生まれたみたいで私が気づいたのはその日の午後でした、すでに立って母親のおっぱいを飲んでいましたのでまずは一安心です。傾斜のきつい土手も母親の後を必死についていきます。生まれてすぐに傾斜を歩くとはさすがに山羊の本能なのでしょうか?

携帯の写真ですのでこれ以上は親が警戒して近づくことができません(笑い)
それにしてもかわいい、まさにぬいぐるみが動いているようです。


のらえもん

我が家に新しい家族が増えました。
その子の名はのらえもん、どこから来たのかわからない野良猫です。
見た目はブサイクでぜんぜん可愛いところなし・・・唯一いいところは性格が良いところかな。
愛犬うららにかまれても絶対に怒りません、従業員にいたずらされても人懐っこく近寄ってきます。でもねずみには厳しく、ねずみの頭だけを事務所の前に置いたりします。
そんなのらえもんはとにかく昼寝が好きで爆睡状態の時がよくあります。(笑)

何度起こしてもこの状態です、少々のことでは動じないなんともうらやまし猫です。
この猫を見てると日々の出来事に悩み右往左往している自分があほらしくなります。
のらえもんを見習い?なんとかなるさ精神であんまり頑張りすぎないで人生すごしたいものです。