新年明けましておめでとうございます。【冷凍焼き芋(私のお芋さま)の販売について】

新年明けましておめでとうございます。
暖冬と言われた今冬、まさしく暖かい新年になりました。気温に左右される職業の方も多くいらっしゃると思いますが我々農業界も今期の暖かさで
大きなダメージを受け、非常に暗い年明けとなりました。
今、一番大きくダメージを受けているのは白菜です。
1、暖冬のせいで生育が早くなりずぎ、病気が大発生しました。昨今農産物の安心、安全が言われる中、農薬の使用回数に敏感になるん農家が多く(非常にいいことです)、今回のような異常気象に対応ができなかったのも原因の一つかもしれません。これにより出荷できる商品が少なくなり畑で自主廃棄処分をせざるを得ません。
2、暖冬は食卓にも大きな影響を及ぼしますので、もちろん鍋の需要がないために消費鈍化により白菜価格の低下につながります。
農産物の品種改良は年々行われておりますが、この異常気象のスピードに品種改良のスピードが追い付いていないのも原因があるかもしれませんね。
まだまだ白菜の出荷シーズンは続きますが、少しでも市場環境がよくなることを期待して頑張りたいと思います。
CA3I0256

冷凍焼き芋(私のお芋さま)の販売について
ネット販売の再開は1月15日を予定しております。

検品の様子

 

 

050

 

冷凍焼き芋につきましては、お陰様で大変ご好評をいただいており、心よりお礼申し上げます。昨年のマスコミ報道から多くの問い合わせなどがあり、できる限りお答えしてまいりましたがどうしても手が回らず、ご返事もできなかった皆様には心よりお詫び申し上げます。ネットショップにつきましても長い間休止しており申し訳ございません、前回のネット販売では予想を上回る多くの注文が入り、製造が間に合わず大変なご迷惑をおかけいたしました、一部には厳しいご指摘をいただきましたが、まったく持ってその通りだと反省をしております。
それを踏まえ今回の販売からは在庫のみの販売を原則とし、ご注文いただいてから10日以内にはすべての皆様にお届けできるような体制にしてまいりたいと思います。
ネット注文される皆様には、ご不便をおかけいたしますがご理解をいただきますようお願い申し上げます。
焼き芋の製造につきましてはできる限りのことをして多く生産できるようにしてまいります。
一定の在庫ができ次第順次ネットショップでの販売を行ってまいります。(一か月に一回程度を予定)

今年も冷凍焼き芋(私のお芋さま)をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 


残念・・・・これが現実です。

世の中景気が良いの悪いのと騒がれていますが、農園では最悪の事態が発生しました。
秋冬白菜を9月より種まきし11月上旬から出荷作業が始まりました。
12月中旬の桜島の噴火があり当地にも降灰(多量)があり、鹿児島産の白菜には灰が混入しているとの情報が市場を駆け巡り、契約先や市場からの受け入れ不可能という事態になりました。外葉をとり洗えば全く問題ないのですが、その説明をしても聞き入れてもらえずお手上げ状態になりました。
白菜降灰被害このように1本1本タオルで灰をふき取りながら出荷するのですが厳しい評価を受けざるを得ませんでした。
御嶽山での噴火では降灰をうけた白菜農家を支援しようとするニュースが流れていましたが、鹿児島では降灰は当たり前なのか容赦なく白菜の評価がさがりその支援すら全くありませんでした。(地元のJA職員は割り当てで買ってくれましたが)
3月上旬で予定出荷量をはるかに下回る結果となり収穫作業が終了しました。
畑に残った白菜は残念ながら行き場もなく自主廃棄となりトラクターでのすき込み作業となりました。もったいない本当にもったいない話です。
でもこれが今の農産物の流通の実態です。
K-GAP推進 006K-GAP推進 007鹿児島のシンボル桜島・・わたしも桜島は好きですが、今回だけはやられました。


思うようにいかない農業

久しぶりの投稿になります。9月の末に入りました、この時期の農園はサツマイモの収穫と白菜の植え付け準備で猫の手も借りたいぐらいの忙しさです、が、今年の状況は例年と少しちがいます。それはここ数日の長雨により畑での作業がほとんどできないのです。
IMG_20140921_114428こんなに雨の日が続くと、1日晴れただけでは畑で機械作業をすることはできません、無理に機械をいれて作業すると粘土状に畑がなってしまい、作物を植えてもよく育たないのです。
白菜の植え付け期間は決まっていて、私たちの地域では10月15日が限界です、これを過ぎて植えつけると、白菜が結球しなかったり、小ぶりになってしまい商品価値がなくなってしまうのです。まだ後6ha程植付をしなければいけませんので、育苗ハウスの中は苗が満杯状態です。
IMG_20140921_114440自然には勝てませんので早く晴天になることを願う毎日です。
本当に農業は思うようにはいかないものです。

 


キムチ用白菜出荷始まりました。

IMG_20140522_1123345月も下旬になり、ますます暑くなっております、暑くなるとそう焼き肉が食べたくなりませんか?
焼き肉料理につきものと言えばやっぱりキムチですよね、白菜は冬場は鍋料理によく使われますが、今からの季節は浅漬けやキムチに多く使われます。我が家の春白菜も全量キムチとして加工されます。春の白菜はほじょうでの傷みが早いため1週間以内で収穫を終わらせ冷蔵庫に貯蔵します。


白菜の定植が終わりました。

だいぶ秋めいて来た今日このごろです。農作業もかなりの忙しさで毎日があっという間に過ぎています。
今日やっと白菜の定植が終了しました、一番早い品種は、8月下旬から播種をしていますので、種まきから定植まで1月半かかりました。
今年の栽培面積は約9ヘクタールですので今からの管理も大忙しです。
白菜は種まきから、1番早いもので70日で収穫できます、また遅い品種は100日以上かかりますので、収穫時期は11月下旬から2月下旬頃までかかります。
ちなみに白菜が1番美味しくなるのは1月から2月になります、これは白菜が極寒に当たり甘くなるためです。IMG_20131015_131717冬の鍋料理にはやはり白菜がかかせませんね。


白菜の種まき始まりました。

いよいよ9月に入りました。スイカの片付けも終わり、サツマイモの収穫と秋冬白菜の準備でまた忙しくなりそうです、そんな中先日今年最初の白菜の種まきを行いました。
以前は畑に直接種を蒔いていましたが、最近は苗を育苗しその苗を機械で植えるのが主流になっています。育苗することで初期の農薬が少しで済みます、また台風のシーズンでもありますのでその台風が来た時に回避することも出来ます。
3日おきに種を蒔いていきますが、この作業は9月下旬まで続きます。
IMG_20130830_133758


白菜出荷始まる

冬らしい日々が続いていますが、いよいよ白菜の出荷が本格的に始まりました。
市場や契約先へと毎日700ケース前後を出荷しながら、これから寒くなり鍋料理をする機会が増え、消費が伸びることを期待するばかりです。
世間は不景気の波が押し寄せ、あまり景気の良い話は聞きませんが気持ちだけは明るく期待をもって年末を迎えたいものですね。
国政選挙もいよいよ4日の公示となりますが、国会議員には本当に景気対策をしっかり、とって欲しいものです。
寒い畑で一生懸命作業するスタッフに感謝しながら、出荷作業に追われる毎日です。

 

 


春白菜の収穫が始まりました。

3月に定植した春白菜の収穫を迎えました。
この白菜はキムチの原料として取引業者さんの工場に直接出荷します。
1回の出荷で800ケース(大型トラック1台分)を1日で収穫しますので、農園スタッフも気合を入れて一生懸命です。
この白菜の収穫は今週で終了します。


大きくな~れ

3月12日に植え付けをした春白菜です。
ごらんのように成長しました、これからますます気温が高くなってきますのでそれに比例して白菜もどんどん大きくなります。
この前の爆弾低気圧でかなりいじめられましたので、昨日液体肥料を葉面散布しました。
これからは、害虫被害と高温障害が心配です。

 


春白菜

天気もやっと良くなり畑の作業ができるようになりました、農作業がかなり遅れていますのでこの晴れ間は大忙しです。
今日は5月中旬に出荷予定の春白菜の定植を行ないました。
秋冬白菜は露地にそのまま定植しますが今の時期の白菜は地温が低いので高畝を立てそれにマルチをして植え付けをします。
高畝にすることにより太陽の光が当たる面積を大きくし、地温を確保します。

定植は写真のように機械で植えていきますので、誰でもできます。