【わたしのお芋さま】お勧めの食べ方

わたしのお芋さまをご愛顧いただき誠にありがとうございます。
毎月売り切れの状態で皆様には大変ご迷惑をおかけし申訳ございません。
商品の在庫がある程度確保できましたので4月15日午前0時にネットショップを再開します。
さてこれから段々と暑くなる季節になってまいります、焼芋=あったかいというイメージですが私のおすすめは半解凍(シャーベット状)で食べるのがおすすめです。 さつまいもの無添加アイスクリームといった感じで意外と予想より美味しいかも。
バーベキュー後のデザートとして凍った芋をカットして網で約1分ほど(厚さにもよりますが)焼くと美味しくいただけます。
わたしのような酒飲みでもついつい手が出てしまうほどです。(笑)紅はるか【芋は畑ではこんな感じです。】

 

 

 

 

 


3月15日にネットショップ再開いたします。

多くの皆様に焼き芋のお問い合わせをいただき誠にありがとうございます。
また品薄状態が続き大変ご迷惑をおかけし申訳ございません。
今回も前回同様300個に限り販売をおこないます。洞窟に芋がある限り焼き芋にして来月以降もまだま販売いたしますのでよろしくお願い申し上げます。
わたしのお芋さま

 

 

 


敬老の日の贈り物にいかがですか?

もうすぐ9月ですね、鹿児島も昼間はまだまだ暑いですが夜になるともう秋の風が吹いているような感じがします。今日ネットショップで冷凍焼き芋(わたしのお芋さま)の注文がありました、注文内容を確認しましたらお届け指定日が敬老の日の9月19日になっていて、たぶんプレゼントとして贈られるのでしょう。ご注文ありがとうございました(*^-^)
最近、道の駅で好評の(わたしのお芋さま)ですが、購入されるお客様は女性とご高齢の男性の方が多いようです、特にご高齢のお客様はリピーターの方が多く、時には纏め買いをされる方もいらっしゃいます。
Photo
無添加で食物繊維が多く健康食としてもお勧めの冷凍焼き芋(わたしのお芋さま)、敬老の日のプレゼントとしていかがでしょうか、きっと喜ばれると思いますよ。o(*^▽^*)o
くわしくはネットショップにてご覧ください。


スイカの販売を終えて

今年はじめて、スイカのネットショップを開始し、おかげさまで完売することができました。ご購入していただいたみなさま本当にありがとうございました。しかし途中破損などのトラブルが数件あり一部の方に大変ご迷惑をおかけしました。あらためてお詫び申し上げます。
サツマイモ【冷凍焼き芋】は、味を貯蔵庫の中で安定させてから加工出荷しますので、トラブルはほとんど無いのですが、さすがにスイカはそういうわけにはいきませんでした。
大きな要因はスイカの品種にあったような気がします、それはわたしが好む味のスイカを食べていただきたいという思いが強かったために皮の薄いスイカを作ったことにあります。
現在お店やスーパーは、味はもちろんこだわりますが、それプラス棚もちのいいものを求めています。【少しでも販売期間が長くなるため】、ですから果肉が少し硬めの品種が好まれます。今の食品(生鮮食品)は売れるもの+売りやすいものでなければなりません。
もちろん、消費者にも好みがありますのでどちらのスイカが良いとはいえませんが。
サツマイモは、甘さと水分(ホクホク、しっとりなど)の違いにより好みが分かれますが、スイカの場合は甘さと果肉の硬さで好みが分かれると思います、といってもお店では選べないですよね(店員さんもわからないと思います)。
今年を反省しつつ来年のスイカをどうするか、今からじっくりと考えないと・・・
農家の本音・・・・・・今年は完璧にできた。こんな年は今まで一回もありません、農業を辞めるまでこの完璧は無いでしょう、一生勉強です・・・まだまだ修行(勉強)が足りんです。


【Web担日記】すいかの味

ふとカレンダーを眺めて、もう8月が目の前に迫ってることに気づき、ハッとしました。
故郷を遠く離れて迎えた25歳の夏はどんなことが待っているのだろう……と、柄にもなくそわそわしているWeb担です。みなさま夏バテに気をつけてくださいね。

さて、3回目となる今回の記事は、すいかのことを書いていこうと思います。

いま、吉川農園では【すいか】【さといも】【さつまいも】の3品目が収穫シーズンを迎え、毎日出荷作業が行なわれています。
特にすいかは今が一番おいしい季節ですので、紹介ページも力を入れて製作中です。
明日(29日)中にはアップを完了し、同時にネット販売を始められるようになりますので、いましばらくお待ちください。

ちょっと前に中国で「畑のすいかが爆発する」というニュースが話題になっていました。
成長促進剤の使いすぎなど、原因はいろいろと噂されていますが、ナゾですねー……。

一方、吉川農園のすいかは爆発しませんので、ご安心ください。
ただし、切ったときに「っポン!」と小さく音がするくらいに中身がしっかり詰まっています。そして食べるときに塩がいらないほど甘いですし、何よりみずみずしいのが特長です。

今日はホームページに載せる写真のモデルになってもらうため、いくつかスイカを切りましたが、あまりにおいしそうだったので撮ったそばから食べてしまいました!
天然のやさしい甘味とさわやかな水分で、きつい日差し(夏の鹿児島は「ピーカンの青空」です)で消耗した体にエネルギーがチャージされていくのがわかりました。
熱射病も、夏バテも、これを食べればどこかに飛んでいきそうです。

すいかのことをいろいろ調べていく中で知ったのですが、おいしいすいかを育てるには火山灰質の土壌が最適だということです。
なぜなら、火山灰質の土は水はけがよいため、根を通して水分が集まりにくく、水っぽくならずしっかりと甘味を保ったまま成長するからです。
鹿児島には言わずと知れた桜島、開聞岳、霧島など、大きな火山があちこちにあります。ですから、すいかの栽培にはおあつらえ向きというわけです。
灰がいっぱい降ってくるのは困りものですが……(-_-;)

また、火山灰質と腐葉土の混ざった地質を黒ボク土(くろぼくど)と言うのですが、どうしてこんな名前なのかずっと気になっていました。調べてみると、その由来は「ボクボクしているから」なのだそうです。誰が着けたのかわからないですが、あんちょくで面白いですよね。

吉川農園のすいか、詳しくは明日の午後公開の「小玉すいかのページ」でご覧ください。
「小玉すいか」は1.5~1.8kgと小ぶりですが、中身は文句なしにおいしいすいかですよ!
写真もたくさんアップしますのでお楽しみに(*^^*)


今年初の里芋はやっぱり(きぬかつぎ)でしょう

本日やっと、吉川農園のネットショップの決済方法が幅広く対応できるようになりました。今まで冷凍焼き芋【わたしのお芋さま】のみの販売でしたが、これを機に我が農園で生産される農産物を数多く皆さんにお届けしたいとおもいますので、よろしくお願いします。
早速今日はその第1弾として、里芋の販売に向け試し堀りをしました、植え付けの2月は非常に寒く、また雨不足で初期成育が遅れました、その後5月末から6月末にかけては雨が多く日照不足に悩まされました。当初の予定より1~2週間遅れています。
今日は、緊張しながらの試し掘りでしたが、う~ん思ったとおり少し小ぶりの芋がついています、早速小芋をばらし、ひげを取り選別機にかけて写真のような芋になりました。
この状態ならあと10日程で皆さんに紹介できるのではないかとおもいます。きょうのこの芋は今年初ですので、早速先祖様にお供えしてそのあと(きぬかつぎ)にして食べようとおもいます。とても美味しいですよ(o^-^o)
Photo