本格的な梅雨に入りました。

5月から6月中旬にかけては、平年より雨が少なく作物も順調に育ってきました。
関東から東北地方では平年にない大雨の日が多く被害に遭われた方、お見舞いを申し上げます。鹿児島県も先週あたりから本格的な梅雨空になり、時には強く降っています、こんな雨が続く日は私にとっては毎日気が抜けない日々が続きます、その気がぬけない原因は田んぼの水路の管理責任者をしているからです。大雨が続くと水位が上がり水路から溢れ出し土手が崩れたり、水路が破損したりしてしまいますので大雨の予報が出ると急いで水源地までいき、水量調整をおこないます。
ここで大変なのが水源地まで行くまでの道のりです。

先日の雨でもご覧のように路肩が崩れてしまいここを車で通り抜けていきます、非常に危険なので大至急復旧を行う予定です、でも雨が続くとなかなか出来ません。
皆さんも災害には十分注意しましょう。