生姜畑台風対策

先日の台風で被害を受けられた方お見舞いを申し上げます。
我が農園では大きな被害もなく一安心でしたが、これからが台風のシーズンでありますので、今日は生姜の台風対策をおこなおました。
写真の赤い網はフラワーネットといい花栽培でなどで倒れないようにするために使うものなのですが、これを生姜に使ってみました。
50aの畑にすべて設置する予定ですので経費もかかります。その後追肥を行い根元に土寄せを行ないました、土寄せ作業は管理機でおこないます。
管理機も今までのものが古くて作業しづらくなっていましたので、新品を購入する予定です・・またまた金がかかります。
何でもそうですが、ひとつの農作物を作るには長い時間と経費がかかりますね。


生姜間引き作業

本格的に梅雨空になってきました。昨年から生産している生姜の間引きの時期がきました、生姜の種からは2~4本の芽が出てきますのでそれを1~2本に間引きをします。
去年は始めてでしたので戸惑いながらの作業でしたが、今回は2年目ということもあり順調におえることができました。
この間引きをしないとショウガが大きくなりませんので大変重要な仕事です。
どんな作物も手を掛けないと大きくならないですね。


農道工事

いよいよ梅雨の季節を迎えますが、今までの大雨により傷んでいた農道の補修工事を行ないました。生コンを行政の補助でもらい関係者の農家の皆さんで手際よく仕上げていきます。
農家は作物を作るだけでなく、このような簡単な工事技術も身につけなくてはなりません。
ですからセメントの成分の配合割合なども生コン業者に注文します。
いろんな雑学(農業に関係ない作業)などは、地域の行事を行なうことで、年配から若い人へ受け継がれていきます。
地域のコミュニティーの大切さを感じる一場面ですね。
先輩方の経験を受け継ぎ、これをまた後輩にしっかりと伝えていく大事なことです。