農薬散布

白菜の植え付けも一通り終わり、これから管理作業に入ります。
除草作業や追肥作業を行なったり、病害虫から白菜を守るために農薬散布作業をします。
無農薬が一番よいのでしょうが、今の時期は白菜も小さく葉も柔らかいんの虫たちの容赦ない攻撃を受けますので、農薬使用基準をしっかり守りながら作業をおこないます。

以前は手で作業をしていましたが、面積が7haありますので今はトラクターを利用して作業をおこないます。
この機械を使うことで、1人で作業できると同時に私自身もキャビンの中でエアコンをつけて外との空気をシャットアウトしていますので、ある程度快適な作業ができます。
昔から農家は3Kと言われ、あまりイメージはよくありませんが今はむかしと違い機械化も進んでいますので、作業環境もずいぶん良くなったように思います。もちろんまだまだ大変な作業も沢山ありますけど・・・
この白菜を待っている、取引先の業者や市場そして消費者の皆さんたちに安心安全で、品質の良いものをお届けできるよう頑張ります。


繁殖活動

わたしたちの地域では農業が盛んで、ほとんどが畑です。
最近の作物は生産する過程でマルチというものを使用します、簡単に言うと畑をビニールで覆って地温を上げたり、除草効果を高めたりするのですが、逆に大雨のときは畑からいっきに水が流れ出て水路はあっという間にいっぱいになってしまいます。
そこで、その雨水を一時的に溜める池(調整池)が数年前に出来ました。この調整池は普段はもちろん水は溜まっていませんので、どうしても雑草が生えてきます。

この調整池の雑草を年に1回、地元の人たちと建設業界の方々の力を頂き刈り取る作業を行
ないます。

この作業は年に1回ですので、その間雑草はまた伸び続けます。
そこで調整池の草をたべてもらおうと今5頭の山羊を放牧しているのですが、今回はそのヤギをもっと増やすことになり雄のトカラ山羊を近くの農家から借りてきました。
約2ヶ月間だけのレンタルですのでこの雄山羊には草を食べることより、子孫を増やして貰わねばなりません。
池に入れると同時に繁殖活動を始めたこの山羊たち、うまくいくといいのですが(笑)

 

 


うまい・・・・

秋も段々と深まってきました。
先日、福岡の柿農家(みやま農園)からすごくおいしい柿が届きました。

この柿は太秋(たいしゅう)柿という品種だそうです、早速頂くことにしました。

半分に切ってみるととてもきれいです、さっそくガブリ・・・う~ん今までに食べたことのないような味です。一言でいうとさっぱりとしていてそれでいてすごく甘いのです・・・ホントです。
今が旬の柿、興味ある方は是非ご賞味あれ。
あっそうそうこの柿をもらったボビーにまだお礼をいってませんでしたね(笑い)
ありがとうね、今度こちらからは冷凍焼き芋おくりますので待っててね


「わたしのお芋さま」製造工場へ行ってきました。

今回は吉川農園オリジナル商品の冷凍焼き芋「わたしのお芋さま」の工場見学レポートです!

9月下旬、吉川農園はさつまいもの収穫時期を迎え上へ下への大忙しです。

さつまいもの収穫風景そんな中、私ことWEB担当は愛車を駆って、農園と同じ市内のとある場所へ向かいました。(もちろん畑仕事をサボっていたわけではありません、吉川社長からのミッションです)

目指すは大隅町中之内にある食品会社「フレッシュおおすみかごしま」、その敷地内、冷凍焼き芋「わたしのお芋さま」を作っている工場です。今回、新しいロットの焼き芋を焼き上げるということで、その一部始終を見学させていただくことになったのです。

入り口で出迎えてくれたのはフレッシュおおすみかごしま社専務の森園さん。数年前から、吉川社長と二人三脚で「わたしのお芋さま」の味やパッケージなどを作り上げてきました。

あいさつの後、さっそく事務所から工場へ。衛生対策のため渡された清潔な白衣と長靴を身にまとい、消毒液でしっかり手を洗ってゴム手袋を着けてから中に入っていきます。

天井の高い通路工場内は天井が高く、壁も照明も明るく清潔感があります。この通路スペースを抜けて、遠赤外線装置の設置してある部屋へ。

サンテナいっぱいの「べにはるか」入るとすぐ、サンテナ(採集コンテナ)が山と積まれているのが目に飛び込んできました。中には前もって吉川農園から運んでおいた「べにはるか」種のさつまいもがぎっしり!

あつ~い七月、収穫シーズンのいちばん始めに掘った新しいお芋を、約60日間しっかり貯蔵庫で寝かせておくことで内部の糖度を高め、添加物をいっさい加えずに甘みを出しているのです。(これをしないで新芋のまま焼いても、あまり甘くなりません。)

遠赤外線装置この銀色の大きな箱みたいなものが今回の主役、遠赤外線装置です。

装置の入口「上部50本、下部50本、合わせて100本の照射部分から出る遠赤外線で、1時間~2時間弱かけてじっくり焼き芋を焼いていくんですよ」と、森園さん。

装置の中身上の写真でも、お芋が上下から照射される赤外線で焼かれている様子がわかります。
なお、焼く時間はさつまいもの品種や太さによってそれぞれ違うそうです。今回のロットの加熱時間は「べにはるか」種の中サイズなので、1時間半ほど。装置に入れられた芋はローラーによって焼かれながら押し出され、出口でトレーに移して回収、ていねいに検品されます。

できあがった焼き芋検品の様子

「遠赤外線のいいところは、さつまいもの内部の細胞を振動させて加熱すること。近赤外線による加熱と違い表面だけが焦げるということがなく、中までむらなく火が通ります」

「わたしのお芋さま」が芯までほくほくなのは、この装置(+フレッシュおおすみかごしまのスタッフのみなさん)のおかげなんですね!

冷凍庫焼き芋はこの後急速冷凍され、パックされ、段ボール箱に入れられ……工場から、吉川農園の倉庫にある大きな冷凍庫に運ばれます。
ここからご注文に応じて小分けして出荷され、めでたくお客様のもとへ到着とあいなります。

サンプル焼き芋私も焼きたてを味見で一ついただきましたが、ほくほくして本当においしかったです。
新しい秋ロットの「わたしのお芋さま」、ぜひ食べてみてくださいね!

「わたしのお芋さま」ページへ吉川農園ネットショップ ショッピングカート


生姜の収穫はじまりました。

昨日より本格的に生姜の収穫が始まりました。
掘りたての生姜は皆さんが見ている(お店にならんでいる)生姜とはかなり違います。


これが一株の生姜です、重さは1kg~2kg前後になります。
こんな姿でお店に並んでいたら、ジンジャエールを作りたくなるかもしれませんね。
吉川農園では今年から試験的に生姜の生産を始めましたので、スタッフのみんなもこんな生姜を見たのは初めてで、びっくりしたり、感動したりです。(笑い)
収穫方法は手作業になりますので、シルバーのおばちゃんたちに手伝ってもらいみんなでこの株を小さく割っていきます。

ちなみに、この生姜は漬物として使用されます。


曽於市のブランド認証品

吉川農園の一押し商品の冷凍焼き芋【わたしのお芋さま】を本格発売して1年が経過しようとしています。
おかげさまで、北は北海道、南は沖縄まで各地よりご注文をいただきその反響におどろいています、この商品を作るときに一番こだわったのはやはり芋【べにはるか】の特性を生かし、とにかくおいしい焼き芋を作ることでした。
これからも、もっともっと勉強し更においしい【わたしのお芋さま】を作っていきたいとおもいます。ところで先日嬉しい知らせが市役所から届きました(o^-^o)
内容は、わたしのお芋さまを曽於市のブランド品として認証するとのこと、今後商品のパッケージにブランドマークを表示できるそうです。

近日中にこのマークのデザインの意味など詳しいことについて説明会が行なわれます、これからこのマークに恥じないような商品を作っていきたいとおもいます。


【お知らせ】11月より新・吉川農園blogへ移転します。

日頃より吉川農園Webサイトならびにブログをご愛読いただき誠にありがとうございます。
農園主・吉川ならびにWeb担当島村より、心よりお礼申し上げます。

わたしたちは「鹿児島から、農家の生の声を正直に伝えたい」という心で、Webサイト開設以来ブログにさまざまな記事をアップしてまいりました。おかげさまで、今年4月のオープン以来、日本各地・老若男女たくさんの方々にご訪問をいただいております。
「ブログ見たよ」と声をかけてもらったり、コメント欄にご意見をいただいたりするたびに、新たな元気とやる気がふつふつと沸いてくる思いです。

さて、突然ではありますが、諸々の事情につき、ニフティ・ココログ内で運営しておりました吉川農園blogは10月いっぱいをめどに更新を停止し、2011年末をもちまして閉鎖いたします。

引き続き、11月以降は吉川農園Webサイト(http://www.yosikawa-farm.jp)内にてブログソフトウェア・WordPressを利用し構築した新・吉川農園blogに情報公開の場を移し、随時更新していく予定です。
これに備え、記事の移行や環境設定、Webサイト内リンクの更新など、移転の準備を目下進めております。

記事の内容や写真などはすべて現状のまま新ブログにそのまま移転しますが、アドレスは個々の記事へのリンクも含め、すべて新しいものに変わります。年内までは両ブログを併用する予定ですが、来年までには旧ブログ(ココログ)は完全閉鎖いたします。

旧ブログアドレス:http://yosikawafarm.cocolog-nifty.com/blog
(10月いっぱいで更新停止:年内に閉鎖)
↓ 移転
新ブログアドレス:http://www.yosikawa-farm.jp/wordpress
(10月下旬~11月より移転・更新開始)

そのため、ご愛読者のみなさまにはご迷惑をおかけしますが、新ブログへブックマークの再登録をお願いいたします。
また、現時点ですでにWordPress版の新ブログがアップされておりますが、こちらはしばらく移転作業が続くため、予告なく突然デザイン、レイアウト、内容等が変わることもございます。ご了承ください。

今回の移転については次のようなメリットが挙げられます;

1.安定した動作と機能充実の実現
→ココログでは、夜間などの混雑時にはどうしても動作が重くなり更新にも時間がかかるという問題がありましたが、今回の移転でクリアされ、より一層の情報発信が可能になります。
また画像の容量制限や拡張機能(例・TwitterやFacebook、Google+等との連動)の使用についても、WordPressの方が優れている面が多くあります。

2.広告を表示する必要がなくなる
→ココログにおいては無料レンタルブログという制約上、最新記事の下に広告が自動表示されていました。今回の移転後、新ブログでは吉川農園のサーバ上に本体が置かれるため、こういった広告は一切表示されません。落ち着いて記事や写真を楽しんでいただくことができます。

3.自社サイト内への情報の一元化が可能になる
→これにより、自社サイトyosikawa-farm.jpのより一層の内容充実と情報の整理が見込め、検索エンジン対策でもずっと有利になります。つまり、「さつまいも」や「冷凍焼き芋」、「白菜」などで検索すると上位にyosikawa-farm.jpが表示され、より多くの方が来てもらえるようになる効果が期待できます。

また、近年ユーザ増加の著しい無料のオープンソースソフトウェアであるWordPressを武器に、わたしたちが農家としてこれをどのように利用し情報発信していけるのか、また出来うることなら既存の枠を超え、Webアプリケーションの新しい活用方法を見出していけるのか。
そういったことも先々の記事や新ブログ自体そのものの運営をもってレポートしていきたいと考えております。

引き続き、吉川農園、Webサイトならびに新・吉川農園blogをよろしくお願い申し上げます。


白菜の苗

10月になり、気温もすっかり秋めいてきました、農園では今白菜の植え付けがピークを迎えており、ビニールハウスの中には沢山の苗が植え付けを待っています。
雨が多く、畑の準備が遅れていますのでそれを取り戻すのにかなり忙しい毎日を送っています。
Photo_2


安心、安全な農薬

やっと白菜の植え付けが終了しました。毎日がとてもいそがしくなかなかPCに向かう時間がなくブログもひさしぶりに書きます。
前にも書きましたが、白菜はいろんな品種があります、早いものは種まきから約70日で収穫がはじまり、遅いものになると約110日で出荷が始まります、その期間の生育途中はいろんな害虫や病気から白菜を守らなければなりません。
守るためにはいろんな対策を行ないますが、そのなかの大きな手段として農薬があります。
そこで今日は面白い農薬を紹介したいとおもいます。
V1

これは彼岸花ではありません、れっきとした農薬です、名前をコンフューザーVといいます。
かっこいい名前でしょう、この農薬の説明を簡単にします。
専門用語は難しいのでわかりやすい言葉で説明します、実はこの花に見える赤いものですが、これには白菜に害を及ぼす虫のメスのにおいがつけてあります、オスは子孫を残すためのメスの匂いを探して交尾をするのですが、この棒を畑の全体に立てておくと畑中がメスのにおいになりオスはどこにメスがいるのかわからなくなります。【交信かく乱状態になります】
V

このように10アールあたり25本を均等に立てます、子孫を残すことができない害虫は自然と数が減っていきます。
では、この農薬の効き目をどのように確認するのでしょうか。、
Photo
畑の土手に写真のような容器が取り付けてあります、この容器の中にはメスの匂いがつけてありオスはこの容器の中に飛び込んできます、容器の中のオスの数を定期的に調査することにより虫の数【発生密度】を確認していくのです。
この資材を使って3年目になりますが、明らかに効果がでています。
密度が下がることで、白菜の被害も少なくなりますので、その分農薬【殺虫剤など】を使用しなくてもよいのです、理想的な農薬ですよねヽ(´▽`)/
この取り組みは、一部の農家と農協、行政一体となって行なっています。
今の段階ではすべての害虫に効くというわけではありませんので、まだ完璧ではありませんが、今後の開発に期待しているところです。