外国人実習生の受入始めました。

鹿児島は最近雨に日が多く梅雨本番といった感じです。
キャベツの収穫も終盤になり毎日忙しい日々ですが、7ヶ月前にフィリピンに出向き実習生の採用面接に行ってきましたが、先日やっと弊農園で受入ができました。
経営の規模拡大をすれば人で不足をどうするか何処の農家も直面する課題です、地域では雇用確保が難しく今回はじめての採用となります。
面接の時は全く日本語は喋れなかった彼女たちも6ヶ月間の研修で片言の日本語を理解できるようになっており取り組みの真剣さが伺えます。
早速キャベツの収穫作業をやってもらって助かっています。、2名の女性実習生に、これから期待したいものです。外国人実習生 007