涙、涙の1年

いよいよ今年も残すところ3日となりました。
平成24年はわたしにとって激動の年となりました、1月に最愛の息子があの世に旅立っていきました、親としてこんなに苦しい思いをするとは・・
体も心も毎日、毎日引き裂かれそうで自分を何処に置いたらいいのか、仕事で一心不乱に働いてもこの苦しみは消えることはありませんでした、1年経った今でもその苦しみから解放されることはありません、たぶん一生死ぬまで続くでしょう。
これからの人生、この苦しみから逃げることなく前を向き一歩一歩自分の残りの人生を全うするしかない、今はこう自分に言い聞かせています。
人生には坂道が3つあるとよく言われます、上り坂、下り坂、そして【まさか】という坂です。
この【まさか】はいつ何処で起こるかわかりません、うれしい【まさか】はいくらでも経験したいですが、悲しい苦しい経験は本当にあってほしくないですね。
来年こそ、悲しい涙ではなく嬉しい涙をたくさん流したいものです。

 


大根の収穫

白菜の出荷が本格的になり忙しい日々ですが、今日から大根の収穫も始まりました。
近くの工場で漬物として加工されます。
当面は白菜、大根、白菜、大根の連続作業が続きます。
本当に猫の手も借りたいぐらいなのですが、我が家のデブ猫のらえもんはこんな感じです。(笑)

 


お歳暮におすすめです。

年末になり忙しい日々が続いています。
年末といえばお歳暮ですよね。
吉川農園ではHPでも紹介していますように、冷凍の焼芋(わたしのお芋さま)を1年を通して販売しています。そんな中で注文が多くなるのがお中元とお歳暮の季節です。
お中元はアイスクリーム感覚でシャーベット状で食べられると好評をいただいておりますが、お歳暮はやはりアツアツの焼き芋として食べていただいています。
今日は少しまとまった注文がありましたので、発送に大忙しでした。
限られたお店(道の駅)しか置いていませんので、問い合わせも結構あります(笑)
限定販売ですので大量に作ることは出来ませんが、お客様に喜んでもらえるように頑張りたいとおもいます。

 

 

 


白菜出荷始まる

冬らしい日々が続いていますが、いよいよ白菜の出荷が本格的に始まりました。
市場や契約先へと毎日700ケース前後を出荷しながら、これから寒くなり鍋料理をする機会が増え、消費が伸びることを期待するばかりです。
世間は不景気の波が押し寄せ、あまり景気の良い話は聞きませんが気持ちだけは明るく期待をもって年末を迎えたいものですね。
国政選挙もいよいよ4日の公示となりますが、国会議員には本当に景気対策をしっかり、とって欲しいものです。
寒い畑で一生懸命作業するスタッフに感謝しながら、出荷作業に追われる毎日です。