土壌診断

久しぶりの投稿です。
4月にいよいよ弊農園も法人化し、株式会社吉川農園として業務を開始しました。
情報発信はとても重要ですのでマメにしたいのですが会社の設立で何かと忙しい日々が
続きPCの前でゆっくりする時間がなくご無沙汰でした。
HPのリニューアルもしなければならないのですが、今しばらくのお時間をください。
さて当社では今年度より新しい作物に挑戦いたします。
その作物は施設でのピーマン作りなのですが、そのピーマンの種まきの前にすることがあります。その作業とは土壌診断です。
土壌診断とは畑の土いろんな肥料成分(チッソ、リン酸、カリなど)やPH,ECなどを測定し、その結果を基に次の作物に適した肥料や資材を決めていきます
土壌診断は特別な機械や、技術が必要なためJA関連の専門機関に依頼します。
まず、畑からきめられた方法で土を採取します。

畑ごとに採取した土は分析機関で分析され約1か月後に結果が手元に届きます。

上の画像のように、理想の成分と現状が比較されます。
この結果を基に肥料設計をおこないます。
この作業は作物がすくすくと育つ環境にするためにとても必要な作業です。


向日葵畑

久しぶりにブログです。わが農園ではスイカの出荷も終わりいよいよ秋作物のさつまいも収穫がはじまりました。焼酎用の黄金千貫、あんこやペースト原料のベニサツマ、そして焼き芋やほしいもの原料となる紅はるかなど毎日忙しい日々です。
そんな中、キャベツ収穫後の畑に蒔いた向日葵が満開を迎えようとしています、この向日葵は以前ブログでも紹介したことがありますが、観賞用ではなく地力向上を目的として栽培しています。品種も緑肥用として販売されていて、背丈も短く花も小ぶりです。
でも咲けばやはり向日葵でとても綺麗で真夏を感じさせます、あと2日ぐらいしたらトラクターですき込みますので、花の命は短しです。
IMG_20140820_082446


プチハイテク農業

毎日猛暑が続いています、残暑お見舞い申し上げます。
そんな暑い中、先日ある装置を我が家の畑に取り付けました。
IMG_20130818_113122
この装置は、畑の状態を無線で事務所のパソコンにデータ送信する機械です、その内容は気温、湿度、降雨、肥料成分、畑の画像等で使い方次第ではこれからの農業を変える?かもしれません。
生育管理はもちろんですが、この情報をリアルタイムに消費者に発信するなどして、消費者と生産者の距離がもっともっと近くになるかもしれませんね。
今はまだまだ研究中とのことで、メーカーではこのシステムが農業分野に、どのような貢献が出来るか思案中とのことでした。
TPP問題を考えると攻めの農業が必ず必要であり、規模拡大だけではなく、日本独特の強い農業作りが必要かもしれません。


たんぼの準備が始まりました。

IMG_20130512_110144早い地区では、田植えが始まっていますが、私達の地域ではこれから田植えの準備が始まります。今日はその第一弾の、たんぼの耕耘作業を行いました。
蓮華の花が満開でたくさんの蜜蜂が飛んでいましたが、その中をトラクターで耕します。
田植え作業は6月中旬に行います。


研修会

私たちの街には若手農家でつくる、農協青年部という組織があります、農協(JA)といえばみなさんいろんなイメージがあるとおもいますが、そのJAのなかで唯一わかい組合員(農家)で組織されているのが、この青年部です。
年齢構成は20代前半から40台後半です、わたしはこの組織の中で最長老の部類に入ります。(笑)若い後輩たちと一緒に活動をすると、こっちが元気をもらうことができ活動は楽しみの一つでもあります。
そんな後輩達が今回研修を計画しその研修資金をつくるため、みんなで大根をつくり先日収穫作業がありました。
CA3I0250CA3I0284

研修は2月末に沖縄に行きます、わたしにもお呼びがかかりましたので喜んで参加することにしました、沖縄では地元の若手農家と交流会を計画していて、いまからとても楽しみです。
いろんな勉強をしてきたいとおもいます。

 

 


IPM技術シンポジウムに行ってきました。

農作業で忙しい毎日を送っていますが、昨日近くでおこなわれたシンポジウムに参加してきました。その内容はIPM技術シンポジウムなるものでなんとも難しそうな会であります。
IPM栽培とは書物によると【 IPMは、病害虫の発生予察情報に基づき、化学農薬による防除と耕種的防除、生物的防除、物理的防除を適切に組み合わせることで、環境負荷を低減しつつ、 病害虫の発生を経済的被害が生じるレベル以下に抑制する体系技術であります。】と書いてありこれを読んでもなんだこりゃといった感じです。
最初はIPS?・・IPM?・・と頭の中が???????になりました。(笑)
あまり難しい言葉を並べると私自身も訳がわからなくなりそうなので、簡単に紹介します。
吉川農園ではスイカや白菜を栽培していますが、栽培の中でやはり一番大変なのが病害虫の防除作業です、病気は殺菌剤、虫は殺虫剤を一般的には使います。
皆さんご存知のように虫には害虫と益虫がいます。害虫は野菜や果実を食害しまさしく害を与えますが、益虫は農産物には害を与えずその害虫を攻撃して捕食します。IPMとはその益虫が成育しやすい環境をつくることにより益虫を増やし害虫を減らしていこうという考え方です。
スイカで例えると害虫になるのがアブラムシです、そのアブラムシを捕食するのが一般的にはてんとう虫が知られています。


写真はアブラムシです、アブラムシは葉のエキスを吸いスイカは枯れてしまいます。

この可愛いてんとう虫がアブラムシを捕食してくれます。なんとありがたいことでしょう。裏をかえせばスイカの畑にてんとう虫がいるときはアブラムシが発生しているということです。
益虫であるてんとう虫が好む環境や植物を植えたりして少しでも農薬を減らして環境に良い農業をしていかなければいけませんね。
IPM技術は完璧な農産物を作るのではなく、収穫できる最低限(商品として問題ない)の農産物を幅広い技術を利用し、生産することにより環境や消費者になるべく負荷をあたえない技術です。
いまからの農業はこのようなIPM技術を利用していくでしょう、現段階ではまだまだいろんな課題もあるようですのが、今後ますます期待されます。






 


恐るべき台風

 

 

 

 

昨夜通過した台風16号は非常に強い台風でしたね、ビニールハウスや倉庫の周り等対策をし、今朝を迎えましたが、ビニールハウスや倉庫の周りはどうもなかったのに、畑に見回りに行ってびっくり、なんとサツマイモの収穫機が風にあおられて横倒しになっているではありませんか。たぶん屋根が片方だけ上に開いた為強風によって倒れたのでしょう、それにしてもこの重い機械を持ち上げるとは恐るべき。
スタッフみんなで起こして機械も異常ありませんでした。(笑)

 


土づくり

春のキャベツや白菜の後に土づくりのため緑肥を植えていました。
その緑肥とは土づくり用のひまわりです。
花が咲くととても綺麗ですので、景観向上と土づくりができ一石二鳥の作物です。
見てるともったいない気もしますが、トラクターで耕運してすき込みます、このひまわりはとても分解が早いので、耕運後早ければ1週間で白菜の植付ができます。
私たちの地域ではこのようなひまわりによる土づくりが増えてきています。