農薬は悪か?

皆さんは農薬と聞くとどんなイメージをもっていますか。

テレビでは、中国の農薬混入事件のとき農薬の結晶の映像を流していました。

あの映像を見ると、農薬=麻薬みたいなイメージで農業をやっているわたしたちはなんともやるせない気持ちになりました、そんなに農薬は怖くて人間に害のあるものなのでしょうか。

皆さんはどう思いますか。人それぞれにその感じ方は違うと思います。

正直言って、今の農家は(私を含む)農薬について専門的に勉強をしている人は少ないとおもいます(学者レベルの知識はないと言う意味です)、したがって使用するときにはその農薬の特徴と使用方法を容器のラベルで確認し使っています。

皆さんは農薬=殺虫剤と思っていませんか、実はそうではありません。

害虫を直接殺す、毒を散布する方法(といっても安全性は確認済:農薬メーカー曰く)と虫の脱皮を阻害させて成長を止める方法(脱皮阻害剤)、交尾が出来ないように錯乱剤を設置するなど(まだ他にもあると思いますが)があります。

私の農園では白菜で交信錯乱剤(コンフューザーVと言います)を主に使用し農薬の回数を減らしています。農家も好きで農薬を使用していません、最近は農薬の値段も高くなっており出来るだけ減らそうと地域で努力しています。

今まで農家は農薬についてはあまり消費者に理解や、情報発信の努力を怠ってきたような気がします。(私も反省です)これから農薬が正か悪かは別にして、農家の現状を伝えていきたいとおもいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です