生姜畑

4月上旬に植え付けをした生姜畑、かなり大きくなりましたので近況報告をしたいとおもいます。生姜の芽は笹竹のようだと以前紹介しました。3ヶ月経ったいまでもやはり笹竹が大きくなったようにみえます。
Photo

やっとここまで大きくなりましたが、この生姜たちも今いろんな虫や病気から攻撃をうけ、かなり苦労をしています。
なかでも今一番心配なのが、根がウイルスに犯されて根腐れ病が発生することです。この病気が発生すると隣の根に感染し被害が拡大する恐れがあります。最悪の場合全滅ということにもなりかねません、原因は雨が多く畑に水がたまりそこにウイルスが蔓延することで発症します。我が家の畑では大きな発症は見られませんがいつ症状が出るかとても不安な日が続きます。
これまで水はけ対策はやってはいますが、それ以上に雨が降っていますので梅雨が明けた今ウイルスに負けない強い根にするための作業を行なっています。
その作業とは、根に酸素を送り込んで根を元気にすることです、人間にたとえると酸欠状態になっている人に酸素吸入をしているような感じでしょうか。
Photo_2

写真の器具で生姜の根の近くに酸素資材を灌注していきます。
この作業で病気の発生を防ぐことが出来ればよいのですが( ̄Д ̄;;
生姜の収穫は10月下旬を見込んでいますので、まだまだ管理作業は続きます。あとは、最大の敵台風が来ないことを祈るばかりです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です