マルチ大根出荷始まる。

白菜の収穫が終わり一息つきたいところですが、春作の準備等がたくさんありなかなかブログを書く時間がありませんでした、と言うか飲み会が多すぎです。(笑)
昨日より漬物用大根の収穫がはじまりました、この大根は昨年11月にさつまいもを収穫した後の畑にマルチを使い作付けしたものです。50aの畑に作っていましたので収穫は3日で終了予定です。
スタッフの他にもシルバー人材センターの方にも応援をもらいます。
大根も品種によって品質が大きく変わります、昨年よかった品種が今年は悪く、去年悪かった品種が今年は大変よかったりと、農業は本当に難しいですね。
特に大きな原因は気候なのですが、これだけはどうすることも出来ません。
IMG_20130309_153622

 

 


マルチ大根出荷始まる。」への2件のフィードバック

    • ビーボさん
      マルチをすると地温が確保できますので花芽が出来にくく、逆に露地のままだと、低温により花芽ができてしまい、収穫をする頃には花が咲いてしまい商品価値がなくなります。
      大根も白菜も同じですが、幼苗のころ低温に当たりその後気温が上がると子孫を残すために花を咲かせます。桜の開花が冬が寒い年に早くなるのと同じことだとおもいます。
      ちなみに今回比較試験もしていますが、マルチをしていない大根は花がちらほら見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です