石焼き芋はなぜ美味しい

これから本格的に寒くなります、こんなときはホクホクした石焼き芋はとてもおいしいですね。これは、高温になった石から盛んに放出される「遠赤外線」が大きな役割を果たしているそうです。
「赤」より波長の長い「赤外線」が持つ周波数は、照射された物質に効率よく吸収された後、物質が持つ分子の振動を活発にし、「熱エネルギーに変換される=物質の温度を上げる」働きをすることから、別名「熱線」とも呼ばれています。
赤外線は、光るものからだけでなく、熱をもったあらゆる物質から放出されています。特に焼けた石から放出される遠赤外線はより効率よく吸収され、熱エネルギーに変換されて、奥深くまでじわじわと伝わっていきます。
だから、石焼き芋は、芯からホクホクした、おいしい焼き芋になるのです。ちなみに【わたしのお芋さま】もこの遠赤外線を利用して焼いています。